小網代(こあじろ)の森~アカテガニ放仔観察会~

小網代(こあじろ)の森~アカテガニ放仔観察会🦀🦀~

8月26日(日)

NPO法人小網代野外活動調整会議さん主催の、

小網代の森における、アカテガニ放仔観察会に参加してきました。🦀🦀

このプログラムでは、自然界に生息する生き物を感じ取れます。

里に人が手を入れることで、環境は大きく変化します。

今回、人と自然の共存について学べました。

この活動に関して記していきたいと思います(*´▽`*)

小網代の森とは

小網代の森は、三浦半島の先端にある、相模湾に面した約70haの森です。

森の中央にある谷に沿って流れる「浦の川」の集水域として、

森林、湿地、干潟及び海までが連続して残されている、

関東地方で唯一の自然環境と言われています。

森、川、海のつながりが必要なアカテガニをはじめとして、希少種を含む

多くの生き物たちが、多様な生態系を形成しています。

(※神奈川県HPより)

とにかく、自然豊かな地域です(*’▽’)

アカテガニとは

今回、観察するアカテガニは知る人ぞ知る??かわいらしいカニさんです!

ハサミの部分が真っ赤なことからアカテガニと言われています🦀🦀

特徴的なのが背中の甲に笑ったような赤い線があることです。😊

さるかに合戦のモデルにもなったとか・・・Σ(・□・;)

基本的には森など地上で暮らしています。

海なしで暮らせるカニはアカテガニとサワガニだけであり、とても珍しいとのこと。

そんなアカテガニですが、幼体期には海でしか暮らせません。

そのため、アカテガニの母親は海へお産にいきます。(※産卵ではない)

その”カニのお産”を見に行くのが今回の目的です!

アカテガニ放仔観察会

というわけで、実際の観察会の場にうつります。

プログラムは以下のような流れとなっていました。

①小網代の森、アカテガニの説明

②アカテガニや生息するカニの観察(カゴの中にいる)

③アカテガニの紙芝居

④アカテガニの放仔観察会🦀🦀

⑤カニの赤ちゃんの観察

②アカテガニや生息するカニの観察(カゴの中にいる)

間近に見るアカテガニは想像以上に赤かったです。

小網代で捕まえたカニを数匹見せていただいたきました。

と、ともに本当に数多くの生物がこの地域に生存していること、

環境が整えば、多くの生物が暮らせるということを学びました。

③アカテガニの紙芝居

紙芝居ではアカテガニの一生と、自然の厳しさを学ぶことが出来ます。

④アカテガニの放仔観察会🦀🦀

僕が行った回は、カニが大量に来ました。

運営側の人も「いっぱいいるー!」と感動していました。

⑤カニの赤ちゃんの観察

カニが出産をした直後にコップでその付近の水をすくい、

それを、顕微鏡でのぞきました。

幻想的でした(^-^)

思ったこと~

小網代の森は本当に自然豊かで、気持ちの良くなる場所でした。

カニさんもとても可愛らしかったです(*’ω’*)

この地域は、もともと荒廃していたのですが、

人の手によって今の素晴らしい状況になりました。

そして、現在も人の手入れによってこの美しさを保っています。

どうしても、自然はありのままの自然が美しいと思われがちですが、

何も手入れをしないと草がおい茂りすぎてしまいます。

そうなると、森はどんどん暗くなり、光を必要とする植物が育たなくなり、

結果として、森は荒廃してしまいます。

自然と人間の共生

いろいろ考えていかなければいけないなぁと思いました。

小網代の森での活動に興味を持たれた方

・NPO法人小網代野外活動調整会議→HP

・パブリックリソース財団のHPFacebook
・Give One(ギブワン)のHPFacebookTwitter

(インターン生 堂高)

シェアする